ホエールベイ社医薬品を患者に届ける

「ライフサイエンス分野では、共同研究が知識を深め、より優れた新製品を開発し、迅速に市場に送り出すための鍵となります」と、シーズ・デ・ウィットは言う。 実際、コラボレーションこそが、この分野での革新を次のレベルに引き上げると彼は信じている。

シーズと彼のビジネスパートナーであるジャスパー・エバースは、約2年前にライフサイエンス・コンサルタント会社であるWhale Bay & Coを共同設立した。 目標は? 革新的なヘルスケア企業が、治療技術を最も必要とする患者に近づけるよう支援する。 そうすることで、チームは企業が自社の健康ソリューションをヘルスケア市場向けに位置づけ、必要なパートナーや資金を引き付けられるようサポートする。

2つのスピンオフ企業とライフサイエンス・イノベーター支援システム

オランダのデロイトからスピンオフしたWhale Bay & Coで、ジャスパーとシーズはヨーロッパとアメリカのさまざまなライフサイエンス企業と仕事をしている。 新薬を市場に投入したい既存企業から、再生医療技術を開発する新興企業までさまざまだ。

再生医療はその好例だと、ジャスパーもシーズも同意している。 これは、人間の細胞や臓器を工学的に置換し、正常な機能を回復させることに焦点を当てた新しい分野である。 「私たちがこの分野のクライアントに提供するのは戦略です:この非常に有望な治療法をクリニックに導入するためには、どのようなステップを踏む必要があるのか、また、経済的に実行可能な方法でそれを実現するにはどうすればよいのか、ということです。”

このような複雑で革新的な技術を研究・開発することは、時間と資源を大量に必要とするため、適切なビジネス指導を受けることは、ほとんどの企業にとって本当に必要なことである。

とはいえ、Whale Bay & Coが提供するものはそれだけではない。

「長年にわたり、私たちはヨーロッパとボストンに強力なネットワークを築いてきました。ボストンは、忘れてはならない、世界のライフサイエンスの中心なのです」とシーズは言う。 そのため、2人の起業家は最近、ヘルスケア企業の支援や指導だけでなく、オランダと米国のヘルスケア市場と資本市場の橋渡しにも力を入れている。

それは、ホエールベイ&カンパニーが拠点を置くCICロッテルダムとCICボストン/ケンダル・スクエアを結ぶオランダ-アメリカ・ブリッジ・プログラム、通称 “HUB “である。

大西洋を渡るビジネスの架け橋

「オランダには素晴らしい技術があり、私たちは戦略的に企業の新市場参入を支援するのが得意なチームです。 「これらの医療機器や技術が、世界最大のヘルスケア市場にもたらされるのは素晴らしいことだ。 この市場での成功は、オランダの医療技術が世界的な成功を収める機会を与えてくれる。

このプログラムは当初、南ホラント州が資金を提供し、企業が米国市場に参入するための準備を整えることを目的としている。 参加資格は、すでにコンセプトが実証されており、規模拡大のための新たな資金調達を探していること。 選ばれた企業は6〜12ヶ月間指導を受け、その間にポジショニングから予想価格設定、VCへの売り込みに至るまで、米国市場に参入するための準備を整える。 最後のステージは、HUBのVCやヘルスケア専門企業のネットワークの紹介だ。

「私たちがそれらの企業に与えることができる最大の贈り物は、米国のメンターのネットワークにアクセスできることです」とジャスパーは言う。 「私たちは、大手製薬会社の研究部門や事業開発部門の責任者など、業界のキーパーソンと仕事をしています。

アクセスだけでなく、お墨付きも得られるのだ。

革新的なオランダ企業を米国に誘致することがチームの最優先事項であるが、米国企業をオランダに誘致することはその次である。 結局のところ、ブリッジ・プログラムと呼ばれるのには理由がある。 これは双方向のプロセスであり、ジャスパーとシーズは、オランダと米国のヘルスケア企業双方の仕事とポジティブな影響をグローバルなステージに引き上げると信じている。

フォトグラファーレイモンド・デ・フリース撮影

コピーライター ミナ・ナチェヴァ

作品 Europe Rotterdam