CIC、ジップカー、マサチューセッツ・コンペティティブ・パートナーシップ、マサチューセッツ・モビリティ・ハブの新役員と事務局長を発表

ハブは、持続可能な輸送ソリューションを推進するために、モビリティのリーディングカンパニー、起業家、政策立案者、オピニオンリーダーを招集する。

マサチューセッツ・モビリティ・イノベーション・ハブThe Massachusetts Mobility Innovation Hub、以下ハブ)は、ケンブリッジを拠点とし、よりスマートで、より安全で、より持続可能で、より強靭な方法で人とモノの移動を可能にするイノベーションを加速させることを目的とした、マルチステークホルダーによる共同作業諮問グループである。 今回の発表は、ハブが地域の交通エコシステムへの働きかけを拡大し、さらなるパートナーシップを構築し、数ヵ月後の正式発足に向けて準備を続けていることを示すものだ。

マサチューセッツ・コンペティティブ・パートナーシップ(MACP)、CIC、ジップカーが主導する「ハブ」は、持続可能な交通ソリューションを推進するために、モビリティ業界のトップ企業、起業家、政策立案者、オピニオンリーダーを招集することを目的としている。 ダイナミックなエコシステムを通じて、連邦における協力、革新、経済成長を促進することで、すべての人にとってよりクリーンで効率的、そしてより公平な交通システムに移行することを構想している。

ケンブリッジのケンダル・スクエアに位置するハブは、主要なステークホルダー・グループ(新興企業、企業、投資家、公共部門、学術機関、非営利団体)を横断する「結合組織」となり、モビリティ・イノベーターにとって極めて重要なリソース分野の共有と成長を可能にする。 CICの支援により、ハブはモビリティ・スタートアップにすぐにオフィススペースを提供できるようになる。 ハブはまた、会員に専門的なリソース、検査機器、その他の設備、質の高いプログラム、スタッフのサポートなどを提供する。

ハブの創設理事会には以下のメンバーが名を連ねている:会長 ティム・ロウ( CIC創設者兼CEO)、副会長 レベッカ・デイビス( CIC COO MACP、グーグル社グローバル・オートモーティブ・パートナーシップ・プラットフォーム・エコシステム担当ディレクターのグレッチェン・エフゲン 氏、ジップカー社マーケティング・公共政策担当責任者(バイスプレジデント)のジャスティン・ホームズ 氏、MITモビリティ・イニシアチブ事務局長のジョン・モアヴェンザデー 氏、ボストン・コンサルティング・グループ常務取締役兼パートナーのアーカーシュ・アローラ氏、スパークチャージ社CEOのジョシュア・アヴィヴ氏、元マサチューセッツ州運輸長官で元マサチューセッツ州自動車登録簿登録官のジャミー・テスラー 氏。 テスラーはまた、以下の役職も兼任する。 モビリティ・イノベーション・ハブのエグゼクティブ・ディレクター。

「モビリティ・イノベーション・ハブは、すべての人にとってよりクリーンで効率的、そしてより公平な交通システムをサポートする最先端技術とサービスの開発と展開を推進する」と、ジャミー・テスラーは述べた。

マサチューセッツ州は、次世代モビリティ技術のブレークスルーを発見、製造、提供することで全国的なリーダーになることができ、同時に、経済的、社会的な報酬を得ることができる」と、ジャスティン・ホルムズは述べた。 「そしてこの新しいモビリティ・ハブが、その道を切り開くのです

よりクリーンな交通機関は、自動車の電動化、公共交通の強化、共有モビリティを通じて、気候への影響を緩和することができます。「しかし、成功に必要な官民のパートナーシップなしには実現しません。起業家と政府はしばしば同じ目標を掲げますが、話す言葉はまったく異なります。ハブは、アイデアと利害関係者を結びつけながら、翻訳する手助けをするでしょう。”

「革新的な分野の隅々から聡明な頭脳をひとつ屋根の下に集め、協力し合える環境を提供すれば、驚くべきことが起こる」とティム・ロウは言う。 「ここマサチューセッツ州では、この “イノベーション・ハブ “のアプローチによって、LabCentral、MassRobotics、Greentown Labsといった、ライフサイエンス、ロボット工学、クリーン・テクノロジーの各分野で、それぞれ世界最大かつ最も成功した新興企業クラスターをすでに誇っている。 移動はすべての社会の基本的なニーズである。 マサチューセッツ・モビリティ・イノベーション・ハブの理事長を務めること、そしてCICがこれを前進させる場を提供することをうれしく思います」。


イノベーション・ハブは、さまざまなエコシステムを結びつけ、起業家精神を刺激し、経済成長と社会の進歩に拍車をかけるコネクターの役割を果たす。 マサチューセッツ州には、ライフサイエンス、クリーンテック、ロボット工学、海洋持続可能性、高齢化技術など、経済と生活の質を向上させるイノベーション・ハブを育成してきた実績がすでにある。

マサチューセッツ・モビリティ・イノベーション・ハブについての詳細は、www.massmobilityhub.com、またはletsgo@massmobilityhub.com。

ニュース エコシステム オフィス プレスリリース Cambridge North America