CICインターナショナル・ソフトランディングとManutara Venturesは、米国での国際化フェーズにおいて支援を受ける5つの受賞スタートアップを発表した。

GETI、Judini、Facto、Levannta、Finmaqは、5週間のバーチャル・トレーニング・プログラムの後、8月28日から31日の間にマイアミを訪問する選ばれた新興企業である

CAMBRIDGE& MIAMI– イノベーション・エコシステムの構築と運営における世界的リーダーであるCICは、チリを拠点としマイアミで事業を展開するVCであるManutara Venturesとともに、マイアミに到着するCICインターナショナル・ソフトランディング・プログラムに参加する選ばれた5つのラテンアメリカの新興企業を発表した。 このプログラムは、各新興企業が米国市場に参入する際の国際展開計画を支援することを目的としている。

受賞企業の創業者は、8月28日から31日までの1週間、マイアミを訪問する6週間のオンライン・ソフトランディング・トレーニングを受けることができる。 マイアミでの滞在は、地元の主要な経済・政府機関関係者、ハイテク起業家、投資家、ベンチャースタジオ企業、アクセラレータープログラム、潜在的なパートナーや顧客とのミーティングが組み合わされる。

選ばれた企業と創業者は以下の通り:

フランシスコ・コントレラス GETI 創業者:GETIは、eコマース企業の意思決定と収益性を高めるウェブ・プラットフォームとして市場に提供されています。 このSaaS(Software as a Service)スタートアップは、データ抽出とAI主導の分析を用いて、価格、在庫、キャンペーンなどの観点から、自社の商品と競合他社の商品の概要を顧客にリアルタイムで提供している。 この戦略的アプローチにより、企業は情報に基づいた戦略を立てることで、オンラインの世界での競争力を高めることができる。

アルバロ・チャベス ジュディニ の創設者:Judiniは、マイクロソフトのGitHub Copilotと直接競合する、世界中で80万ダウンロードを獲得したAI搭載プログラミングツールCodeGPTを開発した。 独自のAPIを使用してCodeGPTを構築し、企業が特定のデータに合わせてAIモデルをカスタマイズできるようにした。 すでに172カ国で事業を展開している。 米国進出を果たしたことで、同社は今後も成長を続けていくことができる。

ミックル・フォレティック ファクト の創設者:ファクトは米国の請求システムのデジタル化と自動化を目指しています。 中小企業の起業家向けに設計されており、見積書、発注書、請求書発行、支払いなどのプロセスを自動化できる。 これによって、業務が自動化され、会社の収益が増加する。

マヌエル・アスタブルガ レバンタ の創設者である:レバンタは、事前に流動性を提供することに焦点を当てた金融プラットフォームです。 革新的な資金調達方法によって、希薄化や負債を抱えることなく事業を成長させることができ、経常的な収益モデルを持つ事業にとっては、将来のキャッシュフローを流動性に変えることができる。 彼らは米国に到着したことで、資金とポートフォリオの拡大を目指している。

ディエゴ・サンス・デ・サンタマリア FinMaq創業者: FinMaqは、資産担保ローンを活用してラテンアメリカの中小企業の成長を促進するフィンテック企業です。 その目的は、金融包摂を促進するデータとローン商品を通じて、資産販売会社の販売転換を強化することである。 FinMaqの使命は、銀行口座を持たない個人や中小企業にデジタル金融ソリューションを提供することで、ポジティブな社会的インパクトを生み出すことである。 そのアプリケーションを通じて、顧客は融資を申請し、5分以内に回答を受け取ることができ、融資へのアクセスを合理化することができる。 米国では、この分野でインパクトを与える大きなチャンスがある。

グローバル・ネットワークへのアクセス

CICのインターナショナル・ソフトランディング・プログラムは、2016年にラテンアメリカに重点を置いて設立された。 このプログラムは、新興企業や起業家ベンチャー企業に対し、没入型の体験を通じて、米国でのビジネスに関する文化的かつ実践的な理解を提供するものである。 これにより、新市場参入に伴うリスクを最小限に抑え、時間とリソースを節約し、利益を最大化することができる。 プログラム修了後、参加者は合理化されたプロセス、メンターシップ、広範な人脈ネットワークにより、グローバル市場へのアクセスを得ることができる。

「CICのソフトランディング・ディレクターであるアレハンドラ・ウィンター氏は、「私たちは、起業家が新しい市場を開拓し、困難を克服するために必要なツールを提供し、国際舞台での成長を加速させます。 「新興企業が多国籍企業になることを目指し、国際化戦略を構想することだ。

ウィンターは、選ばれた新興企業を祝福し、マイアミへの直接訪問を強調した。”私たちは、ニューヨーク、ボストン、サンフランシスコといった他の都市に進出する前に、この都市がアメリカ国内での素晴らしい出発点になると考えている。 だからこそ、私たちはスタートアップ企業ができるだけ多くのつながりを生み出し、成長を加速させることができるようサポートしているのですと彼女は言った。

「シリコンバレーとマイアミに拠点を持つチリ発祥のアーリーステージ・ベンチャーキャピタルファンド、マヌタラ・ベンチャーズのマネジャーであるクリスティアン・オレア氏は、技術系中堅企業の支援におけるCICとの協力関係を高く評価している。 「ラテンアメリカのエコシステムは大きなイノベーションの可能性を示しており、今回のような機会は市場統合に貢献する。

トレーニングと戦略会議

CICインターナショナル・ソフトランディング・プログラムの期間中、新興企業は様々なトレーニングセッションを受け、世界の起業家エコシステムの著名人と交流する。 なかでも、創業者たちがGeoOrbitalのCEO兼創業者であるマイケル・バートフ氏とピッチ・プレゼンテーションの練習をする機会が目立った。

さらに、マイアミ・デイド・ビーコン・カウンシルの経済開発・ライフサイエンス・ヘルスケア担当副社長グレッグ・ホロウィッツ氏、リフレッシュ・マイアミのCOOニコール・バスケス氏、ベンチャー・マイアミのエグゼクティブ・ディレクター、エリック・ギャビン氏などとの面談も予定されている;Cotalker創業者兼CEOのニコラス・ドゥラン氏、Finaktiva創業者兼CEOのパブロ・サントス氏、Lazo US創業者兼CEOのファン・バレロ氏、H20キャピタル共同創業者のフェリペ・バジェホス氏といった著名な起業家との朝食会。

エンデバーやベンチャー・シティのようなコミュニティへの訪問や、潜在的な販売先、提携先、融資先とのミーティングもプログラムの一部である。 このプログラムは、ベンチャー・カフェで木曜日に開催されるピッチ・コンペティションでクライマックスを迎える。ピッチ・コンペティションでは、デミアン・ベルーミオ、マリア・デルキ、クリスティアン・オレアといった経験豊富な投資家や審査員の前で、新興企業がビジネスアイデアを披露し、フィードバックを受け、投資の可能性を探る。

CICについて

CICは、新興企業、スケールアップ企業、企業、公的機関がつながり、働き、成長するためのイノベーション・キャンパスのグローバル・ネットワークを構築し、運営している。 1999年に設立されたCICは、北米、ヨーロッパ、アジアで120万平方フィートを超えるイノベーションに特化したワークスペース、研究所、イベントスペースを管理している。 さらにCICは、オーダーメイドのプログラムを開発し、産業クラスターを構築・実現し、世界トップクラスの地区コンサルティングを提供している。

ワークスペースやラボ、プログラム、イベントなどを備えたCICのイノベーション・キャンパスについては、CIC.comをご覧ください。 LinkedInInstagramFacebookでフォローしてください。

ニュース プレスリリース 作品 North America